に投稿

化粧品に使用するCBDについて

FUUCHIで使用するCBDについて

オーガニックヘンプCBD

都市化が進んだ現代は、生活の中で常に排気ガスや農薬などに晒されています。

毎日行うシャンプーや肌ケアまで、肌荒れの原因となる化学物質や石油由来のものを肌に使いたくないという思いから、100%植物由来にこだわりました。

特にこだわったのは、良質なオーガニックヘンプのCBDを使うこと。

パッと塗るだけで、いつでも癒される。

日本では未だヘンプへの誤解が多く、国内での製品化までには大変な苦労を要しましたが、世にある名前だけのオーガニックコスメとは一線を画した、とても素晴らしいものに仕上がったと自負しています。

詳細はこちらから

CBD(カンナビジオール)とは

CBD(カンナビジオール)は主に工業用のヘンプ(麻)から抽出される、世界中で高い評価を得ている成分です。

ヘンプの中に存在している成分の総称を「カンナビノイド」と言い心身の様々な不調を緩和し整えるなど、人間の免疫バランスを調整したり、強い抗酸化作用を有しているなど、人間の健康維持に大きく貢献することが研究によって判明しています。

また人間の中には、身体を調節する機能としてECS(エンド・カンナビノイド・システム)というものが備わっており、このECSは、食欲や感情、痛みや免疫調整、運動機能、発達、老化、神経の保護、認知、記憶など様々な身体機能を調節することがわかっています。

しかし外部からの強いストレスや老化の進行によってECSの働きは弱っていくため、身体のカンナビノイドが欠乏した状態になると様々な疾患を患うことが近年の研究で明らかになってきました。

その弱った身体のECSに対して、CBDは最も良い影響を与える成分のひとつであると言われています。

体内で生成するものを「内因性カンナビノイド」、ヘンプが生成するものを「植物性カンナビノイド」と呼びますが、ストレスなどで弱った内因性カンナビノイドを補完するために、植物性カンナビノイドを摂取することで、お互いの受容体が結合しながら相互作用で全身へ働きかけ、ECS本来の働きを取り戻します。

その中でもCBDは、120種類以上あると言われるヘンプ由来の成分の中で、もっとも素晴らしい成分のひとつと称されています。

以下はCBDの主な作用と言われています。

1. 不安を和らげる
2. 痛みや炎症を緩和する
3. 神経を保護する
4. 発作を抑制する
5. 免疫システムのバランスを整える

このようにCBDは幅広く利用、研究が進められている特別な成分です。

FUUCHIでは数ある中でもオーガニックヘンプ』にこだわったその特別な成分を贅沢に配合しています。

CBD WATER LOTION
 with 
MANUKA HONEY and 
ORGANIC MATERIALS

¥16000+tax